abril 2015
dom seg ter qua qui sex sáb
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
My Photo

(1) 本社工場

  • 2005415_1470
    本社工場

鉄リサイクル

março 28, 2015

5000トン積載量の船に約4日間で積み込み完了 横浜港金木埠頭 2015年3月撮影







outubro 24, 2013

富士繁 川崎港シッピングセンターC-102/103(2箇所のシッピングセンター設置)これで、富士繁のシッピングセンターは横浜港の金木港シッピングセンターと合わせて3つのシッピングセンターを持った。

Photo_5
首都高速湾岸線・東扇島出口から川崎港海底トンネルで対岸の富士繁川崎港シッピングセンターはつながっている。


Photo_7


富士繁 川崎港シッピングセンター(1)C-103北側入り口 

113_1024x683


114_1024x683


116_1024x683_2


110_1024x683富士繁 川崎港シッピングセンターC-103 川崎港岸壁に面した東側入り口


073_1024x662


076_1024x627


079_1024x715_2


080_1024x683_2


103_1024x699

120_1024x683_2


富士繁 川崎港シッピングセンター(2)C-102


122_1024x683_2


119_1024x683_2

2013年1月富士繁八王子工場完成 数年先の圏央道完成で富士繁5つの工場はつながる(富士繁の大容量鉄資源の物流ネットワークは年間50万トン体制を目指す) 八王子工場開設により5工場と3つのシッピングセンターを構えることができ、年間50万トン体制に向け従業員一同、一層の努力と情熱で仕事にまい進していきたい」と抱負を語った。(日刊産業新聞 13/01/29より転載)

富士繁、八王子工場が営業開始
拠点間物流の中継点に

日刊産業新聞 13/01/29より転載

 関東大手資源リサイクル業の富士繁(本社=横浜市金沢区、金子洋一会長)が東京都八王子市に新設した八王子工場は25日から営業を開始し、26日に現地で竣工式を開いた。約1650平方メートルの敷地に、モリタ製1250トンギロチンシャー1基と重機類を設置。拠点間物流の中継点としての機能を担う。

 竣工式で金子信夫相談役は「昨年は50周年を迎え、51年めの第一歩の今年、縁あって八王子に工場を開設することになった。現在(八王子以外に)4工場があるが、おかげさまで量もオーバーフローしつつあり、八王子工場は小規模ながら効率的な運用を目指したい。従業員一同挙げて皆さまの要望に応えていく」とあいさつした。

 京王プラザホテル八王子に会場を移して行われた祝賀の懇親会では、金子洋一会長が「八王子工場は横浜への中継地点としてお客さまの要望もあって立ち上げた。またギロチンや台貫などは業者施工だが、それ以外はほとんど自社でやって、リサイクルしているいわば”ダブルリサイクル”。厳しい環境だが、皆さんと一致団結、共存共栄の精神のもとに一緒に前進していきたい」とあいさつ。金子栄社長も「八王子工場開設により5工場と3つのシッピングセンターを構えることができ、年間50万トン体制に向け従業員一同、一層の努力と情熱で仕事にまい進していきたい」と抱負を語った。

Map


023_1024x526


3_2


グーグルアースより転載


2_2


画面中央が富士繁八王子工場 高尾街道(46)に面している。 グーグルアースより転載


058_1024x666_2


032_1024x674


034_1024x660_2

036_1024x671


037_1024x782_2


020_1024x765

大型切断機・モリタ製1250トン ギロチンシャー


018_1024x683

022_1024x683


063_1024x665


065_1024x677


070_1024x683


068_1024x662

046_1024x805

045_1024x704


富士繁本社第3工場 2014年3月完成。

富士繁 本社隣接地に新工場 1250トンギロチン等設置し、年間50万トン早期達成へ〔資源日報より転載)

富士繁新工場建設の地鎮祭関東地区の大手鉄スクラップヤードディーラーである株式会社富士繁(本社:横浜市金沢区、金子栄社長)ではこのほど、金沢本社工場に隣接し、これまで車両基地として用いてきた敷地に鉄スクラップの加工処理工場を新設すると発表、今月15日(土)午前11時より地鎮祭を執り行った。

新たに新設される加工工場は、住所が横浜市金沢区福浦2―8―14。敷地面積は1500㎡(約454坪)で導入する設備として、富士車両製1250トンマウントシャー一基のほか、京和工業製天井クレーン2フック型一基(1850リフマグ+0・9?回転式油圧グラブ付)、80トントラックスケールなど。稼働開始は2014年3月末日を予定している。

富士繁では、神奈川県下に4工場(本社、戸塚、綾瀬、上矢部)を有するほか、今年1月には初の東京都内への出店となる八王子工場を開設し、現在、5つの拠点による鉄スクラップの加工処理体制を構築しているが、今回6つめの加工処理拠点を設けることで、かねてからの目標である年間取扱数量50万トンの早期達成を図りたい意向だ。

なお、同社では、設備の拡充と更なる新規顧客の開拓を進め、6つの加工処理拠点と3つのシッピングセンターを有機的に活用しながら国内外への供給能力の拡大を図るべく社員一丸となって取り組んでいく方針。

Photo_3


グーグルアースより転載

007_1024x645


本社第3工場完成イメージ図


001_1024x571


004_1024x667


006_1024x683


003_1024x683_2

fevereiro 24, 2005

FUJISHIGE 会社案内

Clip0015_edited-2
>


◎富士繁会社案内トップページにもどる。
http://www.fujishige.co.jp/ 
fujishige富士繁weblogウエブログ一覧にリンクします。 http://fujishige.cocolog-nifty.com/weblog_and_myfhoto/ Clip0174
本社工場
 この下のURLをクッリクすると本社工場のアルバム(写真集)にリンクします。
http://fujishige.cocolog-nifty.com/photos/main_office/
DSC_0201

◎富士繁会社案内トップページにもどる。
http://www.fujishige.co.jp/ 

綾瀬工場

Dsc_01921_1

富士繁最大のオープンヤード型工場。大量処理・大量出荷が持ち味で、連日大型の重機がうなりをあげています。
http://fujishige.cocolog-nifty.com/photos/ayase_factory/

上矢部工場

DSC_0265


鉄スクラップのきめ細かな分別・処理を得意とするインドア型工場。2台の天井クレーンがフル回転し、大量の鉄スクラップをスピーディにさばきます。
http://fujishige.cocolog-nifty.com/photos/kamiyabe/

戸塚工場

Dsc_1203_edited1

オープンヤード型の戸塚工場は、およそ5キロ離れたインドア型の上矢部工場と互いに保管しあっています。2006年2月大型最新鋭重機導入で処理能力アップをはかった。  
戸塚工場のマイフォト・アルバムにリンクします。
http://fujishige.cocolog-nifty.com/photos/toshuka/


◎富士繁会社案内トップページにもどる。
http://www.fujishige.co.jp/ 

fujishige富士繁weblogウエブログ一覧にリンクします。 http://fujishige.cocolog-nifty.com/weblog_and_myfhoto/

その他のカテゴリー